MeX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エム・データのHPがリニューアルされるのに伴って、ブログが立ち上がるということで、
稚拙ながらブログを書かせていただくことになりました。

はじめまして。MeXの細谷です。


テレビっこ(古いですね、表現が)世代の私としては、テレビという魔法のメディアに小さな頃から夢中で、世の中のことを知るための情報源としてはテレビがなくてはならない時代を生き、そのまま大きくなりました。

今でも覚えているのは土曜8時台の番組です。

「8時だよ!全員集合」や「俺たちひょうきん族」などには完全にハマっていて、次週の月曜日朝にはテレビの影響を受けた子供たち(私も含め)が大はしゃぎでマネをし、クラス人気者の座を奪い合うといった時代でした。そんな幼少期を過ごしてきて、今でも、テレビは本当に面白いと思っています。


時代が流れ、インターネットが登場し、情報流通という意味では、メディアへの接し方がだいぶ変わって来たのをしみじみ感じます。テレビとインターネットの共存時代を20年近くも見ていると、急激に変化し、拡大し続けるインターネットビジネスと変わらず不動の地位を保っているテレビは比較され、区別されて捉えられているよう感じる時があります。何かそれぞれが意識しあい、興味を持ち合っているのに交われずにいるシコリのようなもの?を残したまま今日まで発展してきたように感じたりもします。


そもそもインターネットの良さもテレビの良さも、それぞれの特徴がはっきりしているので、お互い補完できる関係にあると思っています。テレビは情報の信頼性、同報性、娯楽性という意味で、他に追随を許さない圧倒的な力のあるメディアですし、逆にインターネットは、マスということから離れ、個人で自発的に発信ができ、さらにリーチの明確化(ログ)と大量のデータによる情報の再利用(検索)といったテレビにはない特性を持っています。放送と通信の融合は、随分前から諸先輩方の尽力もあっていろいろと試行錯誤がなされています。私個人としてもここしばらくインターネット市場を事業ドメインととらえながら、テレビとインターネットの融合をいろいろと模索してきました。そこで到達したのが「TVメタデータ」です。



インターネットとテレビのビジネスが融合するにあたり、重要になってくるのは、如何に情報の流通をつなぐことができるのか?ということだと思います。IPアドレスを持たないテレビのモデルにとって情報をシームレスにインターネットと連携するためには、TVメタデータが必ず必要になります。そのテレビメタを利用して新しい融合事業モデルを創出するために発足されたのが「株式会社MeX」です。


”MeX”とは”Meta exchange”の略式になります。


私たちは、様々な事業モデルを創っていく予定ですが、まずはテレビメタを活用した広告事業の追求から始めていきます。

先にも述べたようにテレビの特性とインターネットの特性を融合させ、新たな価値創造モデルを発信することが目的です。現在いろいろと実証実験途中ではありますが、いろいろな可能性を追求し、このBlogを通してシェアしていきたいと思います。



皆さん、これから宜しくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「MeX」関連記事

> 「MeX」カテゴリ一覧

MData 企業サイトはこちら

アクセスランキング

サイトの更新情報を確認

  • facebook
  • twitter
  • rss

月別更新記事一覧

著者一覧